自分の「大好き」を生かせる仕事! 店舗スタッフ 澤井一誠 Rrow more! Reach more!
Kazumasa Sawai

日々の釣りにも、
活力が沸いてきます。

やっぱり、自分の「大好き」なことを仕事にするのが一番だと思います。私にとってのそれは、もちろん釣りです。失敗や大変なことだってありますが、好きなことだから乗り越えられます。そして何より、自分の大好きなことでお客様楽しませることができる。そうして頂いた「ありがとう」の一言が、「もっと頑張ろう」という気持ちにつながって行きます。
夢や目標が、自分を高めます!
バサーもシーバスマンも雷魚マンも、「○○cm以上が釣りたい!」などというような大きな目標があります。その目標のために釣り場でいろいろ試したり、タックルを変えてみたり。試した数だけ、それは経験として蓄積されていきます。その経験をお客様に伝えることで、さらにお客様を楽しませることができる。日々の釣りにも、活力が沸いてきます。

スタッフイメージ1
Interview

Q1 現在の職務内容を教えてください。

お客様の注文分を担当させて頂いていまして、お客様から新商品の注文とか、今店頭にないものを取り寄せてほしいという希望を聞いて、それをお客様に提供する、というのが一番大きな仕事になってます。
午後からは作業もいったん落ち着きますんで、仕事帰りのお客さんとかメインで接客をやらせて頂いています。
お客さんからの、こういう商品があるんだと言うのを聞いて日々勉強させて頂いてる次第です。

スタッフイメージ2

Q2 BunBunの魅力は何だと思いますか?

うちは、お客さんとの距離が一番近いっていうのがあると思います。
今までいろんな釣具屋にお客さんとして行ってたんですけども、その時は、ちょっとなんか敷居があるなと感じてまして、上手い人と一般ピープルみたいな感じで…。
敷居があるなっていうのは感じてたんですけど、ここで働かせて頂くにあたって先輩の方とかも全然敷居なく、一緒に釣りに行くとかもあって、お客さんとも行きますし、スタッフとも行きますし。

Q3 成長できたエピソードを教えてください。

ここに入る前は、一つのメーカーにこだわってずーっと釣りをやってたんですけど、やっぱり店員になるっていうので、いろんなメーカーの商品も知っとかないといけないなっていうので、そこからいろんなメーカーの特にルアーなんかをかなり多く使わせてもらうようになりました。 このルアーとこのルアーはこう違うんだなとか、こういう状況やったらこっちの方がいいんだなとか、やっぱり使わないと分からないこともあって、それからお客さんに伝えるっていう形で商品知識がどんどん増えてますし、 お客さんからも、いろんな情報とか入ってくるんで、そこはかなり成長できてる、日々成長できるところじゃなかなと思いますね。

スタッフイメージ3

Q2 BunBunを一言で表すと?

やっぱりお客さんに「満足」をと第一に考えてるんで、やっぱり満足させることができるっていうのが一番なんじゃないかなって思います。
ぼくもお客さんの要望を聞いて、商品を持ってくるっていう仕事をさせてもらってるんで、そこは誇りに思ってやらせてもらってます。

入社前の学歴/職歴

ヒューマンアカデミー大阪校フィッシングカレッジに入学し、釣りの専門的なことを基礎から学んできました。

1日のスケジュール

09:30
出勤
10:00
開店
11:00
接客業務

客注や品出し等を行います。

スケジュールイメージ1
13:00
休憩
14:00
接客業務

午後は基本的に手をあけておいて接客に行けるようにしています。

スケジュールイメージ1
18:00
休憩
19:00
接客業務
22:00
帰宅
 
休日の過ごし方

主に釣りに行って1日を過ごします。休日が2日ほど続いた時などは友人の家に遊びに行ったり複数人で遠出することもあります。